バレエ balletカテゴリの記事一覧

バレエ(Ballet)


バレエ(Ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台で、もとはオペラの一部として発達した。そのため物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い一幕物作品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コリオグラファー)という。

バレエの歴史

起源
バレエはルネッサンス期のイタリアに起源を発する。当時、宮廷では余興として詩の朗読、演劇などが演じられていたが、その一部としてバロ(Ballo)と呼ばれるダンスが生まれた。宮廷の広間で貴族たちが歩きながら床に図形を描いていくもので、それをバルコニーから眺めるのが当時の楽しみ方であった。

16世紀、ジョヴァンニ・ジャコモ・ガストルディにより世俗合唱曲が流行すると、その歌に踊りを加えたバレット(Balletto)が生まれ、やがてバレッティ(Balletti)と呼ばれるようになった。1463年、グリエルモ・エブレオ『舞踏芸術論』のなかでBallettoという語が初めて用いられている。

ドメニコ・ダ・ピアチェンツァなど舞曲の作曲家や、ドメニコ・ダ・フェッラーラ(フェラーラ侯レオネッロ・デステに仕えた)などの舞踏教師が登場し、イタリアの貴族が盛んに舞踏会を開催したことが分かる。1496年にはレオナルド・ダ・ヴィンチが衣裳と装置を担当した「楽園」が初演された。


バレエの誕生
1533年、イタリア、フィレンツェのメディチ家からフランス王室に嫁いだカトリーヌ・ド・メディシスによりバレッティ(Balletti)がフランスにもたらされ、バレエ(Ballet)と呼ばれた。1573年「ポーランド人のバレエ」(演出・振付:ボージョワイユー)が初めてバレエ(Ballet)と称している。1581年の「王妃のバレエ・コミック」(演出・振付:ボージョワイユー)は、完全な記録の残っている最初のバレエ作品である。これらをかわきりに、バレエは宮廷において盛んに踊られるようになり、16世紀末から17世紀初頭の20年間で約800のバレエが上演されたと言われる。

1643年、ルイ14世が5歳でフランス国王に即位した際には、数時間にも及ぶ豪華絢爛なバレエが催され、ルイ14世自らが出演した。ルイ14世はバレエに熱中し、1653年15歳の時に『夜のバレエ』で本格的に舞台デビュー。よりバレエの質を上げようと1661年に王立舞踏アカデミーを創立した。ルイ14世の舞踏教師ピエール・ボーシャンによってポジションが定められ、舞踏符が確立されるなど、バレエがダンスとして体系づけられたのもこの頃である。


宮廷から劇場へ
1670年にルイ14世が舞台から引退すると、バレエは宮廷から劇場に移り、職業ダンサーのダンスに変化していった。翌1671年、オペラ座が設立(当時のバレエはオペラと一体であった)。1681年、『愛の勝利』で最初の女性ダンサーラ・フォンテーヌが劇場に登場し、18世紀に入るとマリー・カマルゴ、マリー・サレなど女性職業ダンサーが続々とオペラ座からデビュー。宮廷バレエでは男性ダンサーが中心だったが、1726年、マリー・カマルゴが男性のみの技法であった跳躍をし、女性ダンサーが人気をはくするようになった。

同時に、1700年に最初のバレエ教本、フイエ『舞踊術、あるいは記号、絵、記号による舞踊記述法』が出版され、1713年にはオペラ座にバレエ学校が創設されるなど、バレエ教育が確立。バレエの技法も複雑化していった。1760年、ジャン=ジョルジュ・ノヴェールが『舞踊とバレエについての手紙』にてバレエ・ダクシオン(ballet d'action)を提唱した。これにより、バレエはオペラから独立し、台詞のない身振り(ミーム)による舞台演劇として確立した。


ロマンティック・バレエ
18世紀後半にフランス革命が起こると、伝統や権威に反発し自由で神秘的なものを重んじるロマン主義がヨーロッパを席巻し、ロマンティック・バレエ(ロマン主義のバレエ)が誕生した。「ラ・シルフィード」「ジゼル」に代表され、妖精や悪魔が登場する幻想的なもの、エキゾチックな異国趣味のものが多い。くるぶし丈のふんわりとしたチュチュを着た女性ダンサーの、ポワント(つま先立ち)の技法による軽やかな動きが特徴。ロマンティック・バレエで用いられるチュチュは、特にロマンティック・チュチュと呼ばれる。

ロマンティック・バレエは現在踊られているバレエの中で最も古い形式のものであり、ロマンティック・バレエによりバレエは現在のものとほぼ同じものに完成した。バレエ・ダクシオンの提唱もあり、後に誕生するクラシック・バレエよりも、踊りによってストーリーを表現する演劇としての要素は強い。

1832年「ラ・シルフィード」でマリー・タリオーニが本格的にポワントで踊り、オペラ座で大成功をおさめた。この作品によりロマンティック・バレエが確立されたと言われる。ヨーロッパ中で人気を博すも、ロマン主義と共にロマンティック・バレエは衰退し、1870年の「コッペリア」などを最後にフランスではバレエそのものが演じられないようになる。


クラシック・バレエ
ロシアではフランスの宮廷バレエが伝わり、1730年頃にはフランス人ジャン・バティスト・ランデによりサンクトペテルブルグにバレエ学校が創立された。フランスでロマン主義が衰退した19世紀後半、後進国であるロシアではロマンティック・バレエが踊り続けられており、その後独自の発展をした。ドラマ主体のロマンティック・バレエに、物語とは無関係のダンスシーンを取り入れたことから、クラシック・バレエ(古典主義のバレエ)と言う。

クラシック・バレエでは技法はどんどん複雑になり、動きやすいように丈の短いチュチュが考案された。これをクラシック・チュチュと呼ぶ。ロマンティック・バレエでは1回回るのがやっとだったが、32回のフェッテ(連続回転)まで演じられるようになった。2人で踊るグラン・パ・ド・ドゥなどの様式も成立。ダンス(ディヴェルティスマン)とマイムが分離されて演じられるようになり、現在のバレエの構成が完成した。

1888年、サンクトペテルブルグ・マリンスキー劇場の監督であるウセヴィロジュスキーは、フランスから招いた振付家マリウス・プティパの振付けのもと、ピョートル・チャイコフスキーに「眠れる森の美女」の作曲を依頼した。この作品が1890年に上演、大成功をおさめると、続いて「くるみ割り人形」(1892年、振付:レフ・イワノフ、台本:マリウス・プティパ)、「白鳥の湖」(1895年、振付:レフ・イワノフ、マリウス・プティパ)が上演された。これらはチャイコフスキーの3大バレエと呼ばれる。


モダン・バレエ
マリウス・プティパにより確立されたクラシック・バレエだが、その古典的な世界に不満を持つ者もいた。その1人、ミハイル・フォーキンはイサドラ・ダンカン(モダン・ダンスの祖)に衝撃を受け、クラシック・バレエにない新しいステップや民族舞踊を採り入れた、革新的な振付をした。そのモダン・ダンスの要素を取り込んだバレエをモダン・バレエと言う。

ミハイル・フォーキンはセルゲイ・ディアギレフに見出され、1907年にバレエ発祥の地・パリで公演を行い、バレエ・ブームを巻き起こした。アンナ・パブロワ、ヴァーツラフ・ニジンスキー、タマーラ・カルサヴィナなどのダンサーたちが大人気となり、セルゲイ・ディアギレフはバレエ・リュスを結成する。

1912年のバレエ・リュスの公演で、ヴァーツラフ・ニジンスキーが「牧神の午後」で振付家としてデビューすると、モダン・バレエは決定的な革新を迎える。これまでの美しいバレエとは異なる、独自の表現は非常に衝撃を与え、イーゴリ・ストラヴィンスキー作曲の「春の祭典」では警官が介入するほど論議の的となった。

バレエ・リュスに触発され、バレエ・スエドワも結成されたが、短命に終わった。


20世紀以降
モダン・バレエが確立してからも、ドラマティック・バレエ、アブストラクト・バレエなどの革新的なバレエが誕生している。これらのバレエは、モダン・ダンス、ポスト・モダンダンス、コンテンポラリー・ダンス、コンタクト・インプロヴィゼーションなどのダンスに含まれることもあり、曖昧である。20世紀以降はそれらの現代的なバレエと古典的なバレエが踊られている。現代的なバレエの振付家としては、モーリス・ベジャールやローラン・プティ、ウィリアム・フォーサイス、イリ・キリアンがいる。またフィギュアスケートの動きはバレエの影響を強く受けており、フィギュアスケートの選手はバレエの訓練も受けることが多い。


その他
異例としては、「水中バレエ」というものがあり、舞台は巨大な水槽。服装は水着ではなくもちろんバレエの衣装をまとって水槽に潜る。開演のカーテンは、下から泡が噴出して視界をさえぎり、泡はきれいにライトアップされ、気がつくとダンサーがセンターに板つき(?)している、という具合。

水の中では直立するだけでも大変だったらしく、演技をしているうちに、場当たりがずれてしまうこともあった。目も光は感じるが、ほとんどぼやけた状態。音は耳ではなく、水を伝わって頭蓋に響くのを聞いていた。上級者は手に空気の送られるチューブを持って演技するが、初心者はアクアラングを背負って、マスクを離せなかった。

巨大な水圧に耐えるため、周りはコンクリートで、舞台前面だけがガラス。当然電気による照明が使われているが、万が一の事故があったら、感電の危険が常にあった。

最初と最後の泡のカーテンは水中に沈められた灯体からの光でライトアップされている。今は当たり前になった噴水のライトアップ。その元祖がこの「水中バレエ」で開発された。

近藤玲子氏のもとに、読売ランドで32年間の長きに渡り上演され、1997年12月1日に惜しまれながら幕を閉じた。


バレエの技法
バレエはフランスで発達したため、バレエの振付用語は基本的にはフランス語である。近代バレエの特徴は爪先立ちを多用することにある。これをポワント (fr. pointe) または英語のトゥ (en. toe) という。このために履く特製の靴がトウシューズ (fr. chaussons à pointes)である。

ポワントで立たず足を舞台につけて立つ立ち方は五つに分類される。これをポジション (fr. position) と呼ぶ。振付においては特に詳述せずポジション名で呼ぶ。

バレエ舞踏の重要な技法としては跳躍と回転がある。これもフランス語で呼び、たとえば片足を前方に投げ出しその方向へ飛ぶことをジュテ (fr. jeté) と呼び、空中での足の位置や跳躍の大きさによってジュテは細分される。一方物語り進行上の感情を表すのにはマイムを用いる。マイムが過度に多い作品はしばしば「バレエ的でない」と批判されることからも、バレエが舞踊芸術であることが理解される。

アン・ドゥオール:両足を外側に開くこと。バレエのポーズや動きの基本。
ポーズ:アラベスク、アチチュード
ルルヴェ(爪先立ち):ア・テール→ドゥミ・ポワント→ポワント(トゥ)
回転:ピルエット、フェッテ、シェネ、ピケ
グラン・パドゥシャ:片足で踏み切り空中で両足を前後に広げて飛ぶ跳躍

バレエの化粧

バレエの化粧彫りの深さ、立体感を強調するのが特徴。役柄による多少の違いはあるが、おおむね、自然の肌色より若干明るめ(ロシア系は、かなり白目)のドウランを顔全体に塗る、茶色がかったほほ紅、ノーズシャドーを入れる、青いアイシャドーを、まぶた一杯に差す、茶色のダブルラインを入れる、上下のまぶたにアイライナーを、思いっきり太く入れる、付けまつげを付ける、鮮やかな口紅を、輪郭をはっきり描く、という場合が多い。但し、子供の場合は若干略式になる場合が多い。




バレエ作品
著名なバレエの作品には以下のものがある。

ラ・フィユ・マル・ガルデ(1789年、振付:ジャン・ドーベルヴァル)
ラ・シルフィード(1832年、音楽:ジャン・シュナイツフォーファー、ヘルマン・レーヴェンショルド、振付:フィリッポ・タリオーニ)
ジゼル(1841年、音楽:アドルフ・アダン、振付:ジャン・コラリ、ジュール・ペロー、台本:ジャン・コラリ、テオフィル・ゴーティエ、ヴェルノア・ド・サン=ジョルジュ)
エスメラルダ(1844年、音楽:チェーザレ・プーニ、振付・台本:ジュール・ペロー)
パ・ド・カトル(1845年、音楽:チェザーレ・プーニ、振付:ジュール・ペロー)
海賊(1856年、音楽:アドルフ・アダンほか、振付:ジョゼフ・マジリエ)
ドン・キホーテ(1869年、音楽:レオン・ミンクス、振付:マリウス・プティパ)
コッペリア(1870年、音楽:レオ・ドリーブ、振付・台本:アルチュール・サン=レオン、原作:E・T・A・ホフマン)
ラ・バヤデール(1877年、音楽:レオン・ミンクス、振付:マリウス・プティパ、台本:セルゲイ・クデコフ、マリウス・プティパ)
白鳥の湖(1877年、音楽:ピョートル・チャイコフスキー、振付:ヴェンツェル・ライジンガー、台本:ウラジミール・ペギシェフ、ワシリー・ゲルツァー)
眠れる森の美女(1890年、音楽:ピョートル・チャイコフスキー、振付:マリウス・プティパ、台本:マリウス・プティパ、イワン・フセヴォロジスキー)
くるみ割り人形(1892年、音楽:ピョートル・チャイコフスキー、振付:レフ・イワノフ、台本:マリウス・プティパ)
ライモンダ(1898年、音楽:アレクサンドル・グラズノフ、振付:マリウス・プティパ)
瀕死の白鳥(1905年、音楽:カミーユ・サン=サーンス、振付:ミハイル・フォーキン)
レ・シルフィード(1909年、音楽:フレデリック・ショパン、振付:ミハイル・フォーキン)
火の鳥(1910年、音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー、振付:ミハイル・フォーキン)
薔薇の精(1911年、音楽:カール・マリア・フォン・ウェーバー、振付:ミハイル・フォーキン)
ペトルーシュカ(1911年、音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー、振付:ミハイル・フォーキン、台本:イーゴリ・ストラヴィンスキー、アレクサンドル・ブノワ)
牧神の午後(1912年、音楽:クロード・ドビュッシー、振付:ヴァーツラフ・ニジンスキー)
春の祭典(1913年、音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー、振付:ヴァーツラフ・ニジンスキー) 
三角帽子(1919年、音楽:マヌエル・デ・ファリャ、振付:レオニード・マシーン、台本:グレゴリオ・マルティネス・シエーラ)
シェエラザード(1910年、音楽:リムスキー=コルサコフ、振付:ミハイル・フォーキン、台本:アレクサンドル・ブノワ)
バフチサライの泉(1934年、音楽:ボリス・アサーフィエフ、振付:ロスチスラフ・ザハロフ、台本:ニコライ・ヴォールコフ)
ゲテ・パリジェンヌ(1938年、音楽:ジャック・オッフェンバック、振付:レオニード・マシーン、台本:エティエンヌ・ド・ボーモン)
ロメオとジュリエット(1940年、音楽:セルゲイ・プロコフィエフ、振付:レオニード・ラヴロフスキー)
シンデレラ(1945年、音楽:セルゲイ・プロコフィエフ、振付:ロスチスラフ・ザハロフ)
シンフォニー・イン・C(1947年、音楽:ジョルジュ・ビゼー、振付:ジョージ・バランシン)
石の花(1954年、音楽:セルゲイ・プロコフィエフ、振付・演出・台本:レオニード・ラヴロフスキー)
孤独な男のためのシンフォニー(1955年、音楽:ピエール・アンリ、ピエール・シェッフェル、振付:モーリス・ベジャール)
ボレロ(1961年、音楽:モーリス・ラヴェル、ピエール・シェッフェル、振付:モーリス・ベジャール)
ノートルダム・ド・パリ(1965年、音楽:モーリス・ジャール、振付:ローラン・プティ)
オネーギン(1965年、音楽:ピョートル・チャイコフスキー、振付:ジョン・クランコ、台本:アレクサンドル・プーシキン)
失われた時を求めて(1974年、音楽:ガブリエル・フォーレほか、振付・台本:ローラン・プティ)
マノン(1974年、音楽:ジュール・マスネ、振付:ケネス・マクミラン)
うたかたの恋(1978年、音楽:フランツ・リスト、振付:ケネス・マクミラン、台本:ジリアン・フリーマン)
ザ・カブキ(1986年、音楽:黛敏郎、振付:モーリス・ベジャール、台本:仮名手本忠臣蔵)
恋する悪魔(1989年、音楽:ガブリエル・ヤレッド、台本:ジャック・カゾット)
四季(音楽:アレクサンドル・グラズノフ)
アンナ・カレーニナ(音楽:セルゲイ・ラフマニノフ)
カルメン(音楽:ジョルジュ・ビゼー)
椿姫(音楽:ジュゼッペ・ヴェルディ)
若者と死 (音楽:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ)
※ ユニオンジャック


バレエ団
バレエの優れた上演には照明や舞台装置などの効果的使用が欠かせない。このためバレエの上演には一般に費用を要し、多くの国で国立のバレエ団が組織される。民間のバレエ団も著名なものは多額の寄付を集めて運営することが多い。

著名なバレエ団には以下のものがある。

フランス
国立オペラ座バレエ団 - 世界最古のバレエ団。1661年王立舞踏アカデミーとして創設。
ロシア
ボリショイ・バレエ(1778年〜)
マリインスキー・バレエ(旧キーロフバレエ、1783年〜)
バレエ・リュス
ドイツ
ベルリン国立バレエ団(2004年〜)
オーストリア
ウィーン国立歌劇場バレエ団
イギリス
ロイヤル・バレエ(1931年〜)
アメリカ合衆国
アメリカン・バレエ・シアター
ニューヨーク・シティー・バレエ
中華人民共和国
中央バレエ団
上海バレエ団

ダンサーの階級
バレエ団によっては、ダンサーの階級ついて固有の呼び方がある。主役級のエトワール、プリンシパル、プリマ・バレリーナ、それに次ぐ準主役級のソリスト、コール・ド・バレエ(群舞)を踊るカドリーユ、アーチストなどがある。

オペラ座バレエ団の場合
エトワール
プルミエ・ダンスール
スジェ
コリフェ
カドリーユ
ロイヤル・バレエの場合
プリンシパル
ソリスト(トップはファースト・ソリスト)
アーチスト(トップはファースト・アーチストまたはコルフェ)

バレエに関係する芸術家
バレエの上演に関係する芸術家には、バレエ音楽の作り手である作曲家、マイムを含めたダンスを指定する振付家、指揮者を含むバレエ音楽の演奏家、そして舞踏によってバレエを実現し完成するダンサーなどがいる。


作曲家
著名なバレエの作品の作曲家には以下の者がいます。 (以下3大バレエを中心に)

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(「プロメテウスの創造物」)
レオ・ドリーブ(「コッペリア」「シルヴィア」)
ピョートル・チャイコフスキー(「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」)
エリック・サティ(「バラード」「メルキュール」「本日休演」)
アルベール・ルーセル(「くもの饗宴」「バッカスとアリアーヌ」「エアネス」)
モーリス・ラヴェル(「マ・メール・ロワ」「ダフニスとクロエ」「ラ・ヴァルス」「ボレロ」)
マヌエル・デ・ファリャ(「恋は魔術師」「三角帽子」)
オットリーノ・レスピーギ(「シバの女王ベルキス」「風変わりな店」)
バルトーク・ベーラ(「かかし王子」「中国の不思議な役人」パントマイム)
イーゴリ・ストラヴィンスキー(「火の鳥」「ペトルーシュカ」「春の祭典」)
セルゲイ・プロコフィエフ(「ロメオとジュリエット」「シンデレラ」「石の花」)
ダリウス・ミヨー(「屋根の上の牡牛」「世界の創造」)
アラム・ハチャトゥリアン(「幸福」「ガイーヌ」「スパルタクス」)
アーロン・コープランド(「ビリー・ザ・キッド」「ロデオ」「アパラチアの春」)
ルイージ・ダッラピッコラ(「マルシア」)
ドミートリイ・ショスタコーヴィチ(「黄金時代」「明るい小川」「ボルト」)
ベルント・アロイス・ツィンマーマン(「ロワ・ウブ」)
ルイジ・ノーノ(「赤い外套」)
ハンス・ウェルナー・ヘンツェ(「オルフェウス」)
嶋津武仁(「波の音楽」電子音楽)

振付家
著名なバレエの振付家には以下の者がいる。

ジャン・ドーベルヴァル
フィリッポ・タリオーニ(「ラ・シルフィード」)
オーギュスト・ブルノンヴィル
ジャン・コラーリ(「ジゼル」「ラ・ペリ」)
ジュール・ペロー(「ジゼル」「エスメラルダ」)
J・マジリエ(「パキータ」)
マリウス・プティパ(「ラ・バヤデール」「ドン・キホーテ」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「海賊」「ライモンダ」)
ルイ・メラント(「シルヴィア」)
レフ・イワーノフ(「白鳥の湖」「くるみ割り人形」)
ミハイル・フォーキン(「レ・シルフィード」)
ヴァーツラフ・ニジンスキー(「牧神の午後」「遊戯」「春の祭典」「ティル・オイレンシュピーゲル」)
レオニード・マシーン
ブロニスラヴァ・ニジンスカ
ジョージ・バランシン(アブストラクト・バレエ)
フレデリック・アシュトン(「シンデレラ」「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」「ピーター・ラビットと仲間たち」、ロイヤル・スタイル)
ロスチスラフ・ザハロフ
ハロルド・ランダー
レオニード・ラヴロフスキー
モーリス・ベジャール(「春の祭典」「ボレロ」「ニジンスキー 神の道化」「我々のファウスト」「ザ・カブキ」「M」「舞楽」)
ケネス・マクミラン(「大地の歌」「マノン」「ロメオとジュリエット」「うたかたの恋」「パゴダの王子」「三人姉妹」)
ローラン・プティ(「カルメン」「コッペリア」)
ジョン・クランコ
ジョン・ノイマイヤー
ピナ・バウシュ
ウィリアム・フォーサイス
マシュー・ハート
デイヴィッド・ビントリー

バレエダンサー
著名なバレエのダンサーには以下の者がいる。

女性

マリー・タリオーニ (1804年 - 1884年)
アンナ・パヴロワ (1881年 - 1931年、ロシア・ペテルブルク生まれ)
マーゴ・フォンテイン (1919年 - 1991年、イギリス生まれ)
アリシア・アロンソ (1920年 - 、キューバ・ハバナ生まれ)
マイヤ・プリセツカヤ (1925年 - 、ソ連)
ナタリヤ・マカロワ (1940年 - 、ロシア・キーロフ・バレエ出身)
森下洋子 (1948年- 、広島出身、松山バレエ団)
アルティナイ・アスィルムラートワ (1961年 - )
マリー=クロード・ピエトラガラ (1963年 - 、フランス生まれ)
ニーナ・アナニアシヴィリ (1963年 - 、グルジア共和国生まれ)
アレッサンドラ・フェリ (1963年 - 、イタリア生まれ)
シルヴィ・ギエム (1965年 - 、フランス生まれ)
吉田都 (1965年- )
ダーシー・バッセル (1969年 - 、イギリス生まれ)
アニエス・ルテステュ (1971年 - 、パリ・オペラ座バレエ学校出身)
オーレリ・デュポン (1973年 - 、パリ・オペラ座バレエ学校出身)
ディアナ・ヴィシニョーワ (1976年 - 、サンクト・ペテルブルク生まれ)
上野水香(1977年- )
中村祥子 (1980年-)
斎藤友佳理 (東京バレエ団、神奈川県生まれ)
男性

ヴァーツラフ・ニジンスキー
ルドルフ・ヌレエフ
ジョルジュ・ドン (1947年 - 1992年、アルゼンチン生まれ)
ミハイル・バリシニコフ (1948年 - 、ソ連(ラトヴィア)生まれ)
ジル・ロマン (1960年 - 、フランス生まれ)
ファルフ・ルジマートフ (1963年 - 、ウズベク共和国生まれ)
ローラン・イレール(1963 - )
マニュエル・ルグリ (1964年- 、フランス生まれ)
ウラディミール・マラーホフ (1968年- 、ウクライナ生まれ)
イーゴリ・ゼレンスキー (1969年 - 、グルジア共和国生まれ)
小林十市 (1969年 - )
アダム・クーパー (1971年 - 、イギリス生まれ)
首藤康之 (1971年 - )
ニコラ・ル・リッシュ (1972年 - 、フランス生まれ)
熊川哲也

バレエコンクール
国際的なバレエコンクールにはプロを対象にした競技会が多いが、才能のある青少年を発掘するコンクールもあり、日本では後者のほうが知られている。有名なバレエコンクールには以下のものがある。

ローザンヌ国際バレエコンクール
ヴァルナ国際バレエコンクール
ジャクソンバレエコンクール

日本のバレエ

特徴
欧米の国では国立のバレエ学校を持つ国もあるが、日本には国立のバレエ学校はない。これに代わり、民間のバレエスタジオがバレエダンサーの養成を行っている。同時にお稽古ごととしてのバレエも盛んで、日本でバレエを習っている子どもの殆どはプロのダンサーになることを目指していない。スタジオ主宰者の子どもがダンサーとして頭角をあらわし、バレエコンクールなどで活躍することが多い。


劇場
日本で付属のバレエ団がある劇場には新国立劇場(東京都渋谷区初台)がある。バレエ研修所も併設されている。新国立劇場以外に国内でバレエ公演が行われる主な劇場には以下のものがある。

東京文化会館(台東区上野公園)
東京簡易保険会館(ゆうぽうと、品川区五反田)
東京郵便貯金会館(メルパルク・ホール、港区芝)
東京芸術劇場(豊島区西池袋)
青山劇場(港区北青山)
Bunkamuraオーチャードホール(渋谷区松涛)

バレエ団
国内の著名なバレエ団には以下のものがある。

牧阿佐美バレエ団(1938年 - )
松山バレエ団(1948年 - )
谷桃子バレエ団(1949年 - )
東京バレエ団(1964年 - )
スターダンサーズ・バレエ団(1965年 - )
東京シティ・バレエ団(1968年 - )
小林紀子バレエ・シアター(1973年 - )
井上バレエ団(1987年 - )
東京小牧バレエ団(1987年 - 、旧・小牧正英バレエ団)
新国立劇場バレエ団
越智インターナショナルバレエ(名古屋) 
貞松・浜田バレエ団(神戸)
法村友井バレエ団(大阪、1937年 - )
Kバレエカンパニー(1999年 - )
オーストリア・バレエ・カンパニー東京(ABC-Tokyo)(1995年 - )
近藤玲子水中バレエ団
竜宮城水中バレエ団

参考図書
『バレエとモダンダンス-その歴史』J・アンダソン著 音楽之友社 1993年 ISBN 4276250501
『バレエ入門』三浦雅士著 新書館 2000年 ISBN 4403230822
『ワガノワのバレエ・レッスン』アグリッピナ・ワガノワ著 新書館 1996年 ISBN 4403310079

オイリュトミー
人智学のルドルフ・シュタイナーの夫人マリー・シュタイナーによってシュトットガルトで創設された霊的舞踊。バレエと同じように音楽にあわせて踊るが、詩や絵画・ヴィデオ・スライドなども用いられ、性的な描写は極度に避けられている。クラシックから現代音楽まで幅広い音楽が用いられ、オリジナル作品も日本では宇佐美陽一のような作曲家によって作られ、また即興演奏によってもよく踊られる。


オペラ・バレエ鑑賞などの時に...



着物のことでご相談します。子供の入学式や卒業式、オペラ・バレエ鑑賞などの時に...

着物のことでご相談します。
子供の入学式や卒業式、オペラ・バレエ鑑賞などの時に着れる着物はどんなものがあるでしょうか?訪問着?留袖?お勧めの柄や色なども教えてくださるとありがたいです。

この場合なら訪問着でしょう。時折芝居に行ってこういうもので決めておられるのを見ると幕間の場が華やいでいいなと思います。

避けた方がいい柄は季節分けして着るのであれば問題ないですが、着回しをするなら季節に左右される柄は避けた方がいいです。色は淡い色のものだととても上品に見えます。

訪問着ですね。留袖は一般的には身内の結婚式ぐらいです。訪問着以外だと色無地でも良いと思います。

今やほとんど見なくなりましたが、私が子どもの時には、入学式や卒業式には母親は皆『色無地』に羽織を羽織っていました。
私の弟の時にはどんどん洋服が多くなっていましたが(^^;)
今なら『訪問着』でいいですよ。
『訪問着』のほうが華やかですしね。

お出かけには、ちょっと上品なところに行くなら『訪問着』か『つけ下げ』。
ちょっとしたお出かけなら『小紋』などもいいですよ。

着物の着付け講師の資格を持つものです。

ご質問のあった場所すべてに着ていくことが可能な着物は「訪問着」です。
ただ、入学式や卒業式など「式典=晴れの日、舞台」にお召しになる訪問着には「格」の高い帯(金糸銀糸の刺繍入りの袋帯など)を締める必要があります。

観劇(オペラ・歌舞伎鑑賞など)の場合は多少砕けても問題ありませんから
しゃれ袋や織りの名古屋帯などを締めるといいと思いますが
大島などの紬でもお洒落で「着物を着こなしている」感が出ると思います。

TPOにあわせて色柄は変わってきますが、
入学、卒業式などは春ですので明るい色目(今で言うパステルカラー)で春らしさを出し、
観劇などはお洒落をするためにも、少し変わった色柄を選ばれるといいと思います。
また、この時期ですと道行や羽織で
お洒落をするのも素敵です。

(ちなみに羽織は春先の肌寒い時期でもお召しになれますが
正式な場(式典の開催時間中)では脱ぐのが一般的です)

まず、
☆入卒式
色無地や江戸小紋、訪問着や付け下げ
紋の無い色留袖を訪問着感覚に着る。

☆服装に気を使う観劇や高級な食事会
色無地や江戸小紋、訪問着や付け下げ
紋の無い色留袖を訪問着感覚に着る。
カジュアルでは無い柄の小紋、紬の訪問着

・。☆色柄は、派手過ぎず、上品なデザインですと人当たりが良いですね♪
また、特定の季節限定の花柄ではなく、四季折々の花が描かれているデザインですと、季節を選ばなくて長く着られてお得です♪

3歳の娘がいて、バレエを習わせたいなと考えていますが、やはりお金はたくさんか...

3歳の娘がいて、バレエを習わせたいなと考えていますが、やはりお金は
たくさんかかりますか?

うちも3歳の娘がいます。最近通いだしました。何件か見学に行きましたが、入会金は5000から10000円。月謝は6000円から10000円が相場です。

地域センターなどを借りているバレエ教室は安いですし、そうでない所は少し高めかもしれません。

また、発表会も地域センターで行うところは安いけど、ホールを借りて行う所は高いです。
どちらにしても、衣装代などはかかりますげとね・・・。

月謝そのものはそうでもないみたいですが、発表会になると、衣装代とかお祝いの花束とか先生へのお礼とか写真代とか、とかとかの連続ですが、覚悟が必要なようです。

お金がかかるバレエ教室は、お金がかかる分まかせっぱなしでいいと聞きました。
友達の子供が行っているバレエ教室はお金がかからないのですが、その代わり発表会とかは全部親たちで運営するらしいです。先生の指導の下、手作り発表会って感じで一苦労するらしいです。
お金を取るか、大変さをとるか、という選択肢があるように聞きましたが。。。

かかるそうですわぁ。
衣裳が高いのだそうです。
あれって、完全オーダーメイドなんですって。

脚の太ももが太いです。というか、全体的に太いです(*−*脚が細くなるストレッ...

脚の太ももが太いです。というか、全体的に太いです(*−*
脚が細くなるストレッチを教えてください。

お金と時間に余裕があればですが。バレエか社交ダンスが良いです。バレエはストレッチを兼ねた筋肉運動。ただし訓練を間違うと逆に太い足になるので良い先生を選ぶこと。

社交ダンスもそうですが、こちらはハイヒールで踊るので足が締まります。
あと、ピラテスも効果的。

どれも継続しなければ意味はありませんが。美しくなるための近道なんてありません、努力が必要です。

ほぼ無理。DNAのなせるワザ。

むくみなら話は別だけど。

無理だね。
しかもストレッチでなんて絶対無理。。。。。

残念ながらストレッチでは全く痩せないでしょう。
太る源のエネルギーの入り口を抑えないと。
食事制限しかないですね。
昼間のお菓子と、夜8時過ぎの飲食をやめるだけでも
効果はあると思いますよ。
逆に言うと、それ以外方法は無いですよ。
運動だけで痩せるのは実質無理です。

ストレッチでは無理。有酸素運動で大きくふとももの裏側の筋肉を使わないとダメです。
ウォーキングでは絶望的に脚は痩せません。スポーツバイク例えばマウンテンバイクのタイヤを街乗り用にして高回転で走いまくるとほぼ理想的な心拍数が得られ、同時にふとももを腹に近づける引き上げ運動が腹筋や背筋も使うことになり非常に効率がよくなります。

男性のバレエダンサーは、なぜ股間をモッコリさせているのでしょうか? ピタッと...

男性のバレエダンサーは、
なぜ股間をモッコリさせているのでしょうか?
ピタッと押さえておけばいいのにと思います。
何か理由があるのでしょうか? 不思議でたまりません。

バレエの発祥はフランス、ルイ14世の時代ですが、
貴族社会の服装で女性がデコルテラインや細いウェスト、豊かなヒップを強調したように、男性が股間を強調するファッションが流行った時代があったようです。
(ぴったりしたズボンの股間に詰め物をしたり、リボンをつけたり、宝石を縫い付けたり…)
その名残ではないでしょうか?

男性ダンサーは専用のアンダーパンツを履いています。
押さえつけたとしても、なんとなく形が表に浮き出るせいではないかと思います。

アピールのうち・・・といえばそれでもいいかと思いますが

表現方法のひとつかもしれません。

女性もおっぱいの形がわかりますよね
美を追求しているだけに
ボディラインも美なのでしょう

あれはですね、野球のキャッチャーとか格闘技選手のように、
「ファールカップ」みたいなものを股間に付けているんです。
ブラブラしたり、こすれちゃってデカくなったらマズいですから。

宝塚音楽学校に入学するには何を勉強しておけばよいですか?歌?バレエ?でも黒木...

宝塚音楽学校に入学するには何を勉強しておけばよいですか?歌?バレエ?
でも黒木瞳さんは入学してからバレエを習ったようなことを話してますよね?
受かる人は何もしなくても受かるんでしょうか・・・?
ダメ元で娘を受験させてみたいんです。

今年受験しました者です。
何も習ってなくても年齢さえクリアしてれば誰でも受けることはできます。
でも、ほとんどの受験生は声楽とバレエを習った上で受験します。
中には+αで日舞やタップを習ったり、受験用のスクールに行ってる人もいますね。

何もしてなくても受かる・・・と言うのはないでしょう。
例えそれで入学できても厳しいレッスンに耐えられなければダメですからねぇ。

今年の一次では振り覚えの時間も十分にあり、本番も前で本科生がお手本を踊ってくれます。
それに、振り付けはそこまで難しいものでもありません。
ですが、習ってることに越したことはないでしょう。本番緊張しないためには普段から踊ることに慣れてる必要がありますし。
試験の時立ち往生しちゃった子もいましたが、恥ずかしいと言う感情も出てこないくらい頭の中真っ白になっちゃうと思いますよ。

長文失礼しました。

テレビでしてましたが、バレエ教室に行き始めたのは入ってからでしょうけど、宝塚音楽学校に入るための塾のようなものがあります。そこでは、発生、姿勢、ウォーキング、バレエ、表情と色んなジャンルを教えてくれます。その子達は朝は始発電車で
帰りは終電電車で帰る…それくらい練習しても1発合格はほぼ0だそうです。。。。

宝塚音楽学校の試験内容は面接、声楽、バレエの3つ。
ある程度の柔軟性、リズム感、運動神経はないと・・・。

今年の倍率は20・5倍だったそうです。
小さいころからいろいろ習っても入るのが難しいですから、
本当にダメ元でいいなら受験させてみては?

昔は、何も習っていなくても受かった、という話をよく聞きました。
試験もどのくらい上手かではなく、素質を見るものだとも聞きますが、
同じ素質なら習っているこの方が受かるでしょう。
今は、ある程度できないと受からないのではないでしょうか。
スカウトで入学する子も何人かいたようですが、
そういう子もみんなバレエと歌は習っていますね。

何も習わずに受験すると、バレエの試験で立ち往生することになるかもしれません。
そうなると可娘さんが哀想なので、基本的なことを習ってからの方が良いと思います。

徹子の部屋に黒木さんがご出演されたとき、
バレエのレッスンは受けたと話されていました。
が、本格的な宝塚受験塾ではなくて、
近所のまるで「ママさんバレエ」(バレーボールではなく)
のようなところだと笑って話していました。

気になったのは、娘さんの意志です。

少なくともバレエの基本は出来てないと、娘さんに大恥をかかせることになりますよ。
受験者が多いので、一人づつ個室に呼んで踊りの試験をするのではなくて、
10人程度のグループで一列に並び、
上級生が手本をみせて「さあ、今の通り踊ってください」
と、ピアノに合わせていきなり振りをコピーしてみせるのです。
バレエの基礎なので稽古を積んできた人なら一度でできても、
何もしてなければまず、何もできません。
まわりは全員、ほぼ完璧にコピーできます。

そうなったときの娘さんの心の中はどうでしょう?

宝塚を見続けて40年になりますが
年々 お稽古を重ねて受験される方が増えていることは事実です。
バレエも日舞も歌も レベルを言えば
ピンからキリまでです。

今女優さんで活躍されている真矢みきさんは
すべてのレベルが低く
入ってから苦労されたと言ってました。
何時やめても良いようなことも言われながらもがんばり
トップスターさんになられました。
そう言う人はどの学年にもおられます。

受験では 素質を見分けると言われています。
全く何もせずに記念受験を覚悟で受けることも可能ですが
受ける気持ちがあるのでしたら
お稽古に通い始めて
少しでも度胸を付け感性を磨かれることをお勧めいたします。

ある某有名な女優(高感度ランキング1位)の子供と 同じバレエ教室に通っています...

ある某有名な女優(高感度ランキング1位)の子供と 同じバレエ教室に通って
います。 TVで見るのと大違いで えばりバレエの発表会でも 娘を主役に
と ダダをこねる。どう見ても 他の子のほうが上手なのに・・今その女優の
子供まで 憎くなってきました。 自分を飾ってないで 娘の顔のイボを取って
あげなよ・・とついぼやいてしまいます。

後元J○モデルでアパレル会社の社長婦人になった人の 子供までえばりだし
教室を止めさせたいのですが 娘が止めたくないと言うし。
お母さん2人とも 綺麗なのに娘がああでは・・・世の中名声でしょうか。
人の子供を憎む事って ありますよね。私だけではないですよね。

気持ちがすれて 自分自身嫌になります。

某有名女優さんのバレエ教室のことについては、
週刊誌でも話題になっていたことがありますね。
その場にいらっしゃったなんて、質問者さんもご苦労が
多いことでしょう。
子供が実力もないのに威張るのはやっぱり親の教育が悪い
からでしょう。
外見が美しくても、それだけの人だと思うしかないですね。
子供自身も憎たらしい子なんでしょ。
嫌って当然。あなたの気持ちはごく自然ですよ。
また知恵袋への経過報告お待ちしています。

ダンスがある映画。

ダンスがある映画。

明日から一週間つ○やの半額キャンペーンがあるので、いつものようにお願いします。

バレエ、ヒップホップ、タンゴ、サルサ・・・ダンスのジャンルは問いません!
映画の中でダンスシーンがあって、かっこいい!!圧巻!!かわいい!!など
のオススメ映画教えてください。洋画でお願いします。

「コヨーテ アグリー」「ダンサー」「チアガール」「シーズ オール ザット」などをみました。

自分で調べて、「ダンス レボリューション」と「センターステージ」は観てみたいと思っています。
でも半額なのでもっと観たいです。
うえの2作品を見たことがある方の感想もお聞きしたいです。


え、、ダンスといえばフレッドアステアじゃ。。。(笑) <<マジ「ダンスレボリューション」はヒップホップを特訓しただけであそこまで踊れるのか!という位はまっていましたね。つい dvd買っちゃいましたよ。で、踊りはとにかく腹の動きが違いますね。カッコよくてどうしても腹に目がいってしまう、、。「センターステージ」はバレエの革命、、異端??ですね。新スタイルというか、、。この後、似たスタイルの映画が何本かできましたし、、。
タップダンスの「タップドックス」とかもいいですよ!で、とにかくハリウッド黄金時代の映画をおすすめします。たくさんありすぎて選ぶのが大変なので、そんな時は、、「ザッツエンターテイメント」というオムニバス作品があります。これはその時代の映画の名場面オムニバスですので、これから見ると、いいかも。

「ダンシングヒーロー」と「フットルース」しか見たことない・・・
ダンスがメインじゃないけど、「sincity」のジェシカ・アルバのダンスシーンはエロカッコイイです。

西田敏行が主演した「ゲロッパ」は面白いらしいです。

あとはまだ出てなかったらすいません。「フラガール」はおもしろかったです。

ミュージカル映画は、ダンスが多いです
ダンス好きなら「シカゴ」は外せないと思いますよ
古い映画ですが「ウエストサイドストーリー」や「コーラスライン」もお勧めです

あと、「リトルダンサー」は、主役の男の子のバレエを堪能できて、楽しかったです

「セント・オブ・ウーマン」のアル・パチーノのタンゴ
「サタデー・ナイト・フィーバー」「パルプ・フィクション」のジョン・トラボルタ

日本版リメイクの「shall we dance?」は社交ダンスがメインですね。

ニコールキッドマン主演のミュージカル映画「ムーランルージュ」にも1部ダンスシーンがあります。

「エリザベスタウン」のスーザンサランドンのタップシーンは技術はそんなすごくないですがとても感動しますよ。

私は嫌いですが賛否両論ある「ダンサーインザダーク」もダンスや歌を織り交ぜた作品です。

フラッシュダンス、フットルース
どっちも古いですね。。。
ダンスシーンは圧巻だと思います。
フラッシュダンスの主題歌アイリーン・キャラのホワット・ア・フィーリング、
フットルース~メイン・テーマ(ケニー・ロギンス)
どっちも大ヒットでした。
懐かしい〜。

もちろんフットルース。
音楽だけ聴いてても良いくらい。
ケビンベーコンもいいし。

古い物ばかりになりますが、

「コーラスライン」
 とあるオーディション風景を淡々と映し出しています。次々と審査から落とされていきますが、
どこが悪いのか全然わからない位皆レベル高し!お薦めです。
 
「ダンサー」
 これは、リュック・ベッソン監督。内容はイマイチ覚えていません。
主人公が (確か)生まれつき耳が聞こえない黒人女性。
音楽の振動に合わせて表現するダンスシーンは、圧倒されます。野性的?

「ダンシング・ ヒーロー」
 これは、社交ダンスのフットルース版?大人の既成概念を若者が破る、みたいな。
曲が良いので、サントラ買いました。
最後のパソ・ドブレが素敵です。話も面白い。

「サルサ!」 
 こちらは、白人クラシックピアニストがサルサの魅力に取り憑かれ、
キューバに渡り、顔にドーランを塗ってキューバ人になりすますコメディです。
凄いダンスは出てきませんが、観ているとなんだか踊りたくなるような映画です。

「ムトゥ!踊るマハラジャ」 
 マサラ・ムービーの走りですか。個人の踊りがどうとかではなく、絢爛豪華さに思わずツッコミ入れたくなります。しかも長いし。インドなのに格闘シーンはカンフーだし。
 私は、疲れた時にこれ観ると元気が出ます。

だれも挙げてないところで、「ダンシング・ハバナ」とマドンナが出ている「エビータ」はどうでしょう? ついでに、「愛と哀しみのボレロ」を追加。

グリース

ダーティーダンシング

セイブ・ザ・ラストダンス

ホワイトナイツ

タップ

ロール・バウンス

ヘアスプレー

ドキュメンタリーですが面白いですよ
RIZE

ステップステップステップ

ショーガール!!!!!
昔映画館で見て、見終えて映画館から出るときは
なりきって出てきました(^^;

セイブ・ザ・ラストダンスを是非見てみて下さい

キュートな素人ダンス♪シーンが印象的だった映画。
「 バッファロー'66」

「Hole」

「8人の女たち」

「ルナ・パパ」

「ロミーとミッシェルの場合」

「フォーエバー・フィーバー」
「サタデー・ナイト・フィーバー」を観てトラボルタに憧れたブルース・リー好き青年がダンスを始めるお話。シンガポール映画。

「フットルース」
レコードは持っていたけど、最近初めてCDを買いました。
若き日のケビン・ベーコンが出ていたと思います。

「フラッシュダンス」と並ぶ名作です。

純粋に「ダンス」となると、
「ダンシング・ハバナ」がよかったです。かっこよかったです。流石南米!
昔の映画のリメイクらしいです。元映画の主人公も出てきてましたね(ゴーストの主演の男性です)

あと、予告編だけしか観てないのですが、
「RIZE」(RISEかも)という最近の単館系のは激しそうでした。
もうレンタルもされてるはずです
腹筋が思い切り割れている黒人さんが踊っているパッケージだったと思います。

印象に残っているというのでは、
「セント・オブ・ウーマン」での、アル・パチーノとガブリエル・アン・ウォーのフロアでのタンゴ。
なんというか、優雅ですね。

半額キャンペーンが終わってしまう!ちょっと回答には遅かったかも、ですが・・・
質問者さんが挙げられた映画、全部見てます。
私もダンスがテーマになってる映画、大好きなんです。

「ダンス レボリューション」
主演のジェシカ・アルバが上手だし、ポジティブな気分になる映画です。
でも、あんまり印象に残ってるシーンがないかな・・・

「センターステージ」
ラストのステージの、一番最後がすごかった。
でも、その他は・・・?なんかアメリカ映画!って感じでした。

オススメ☆
「セイブ ザ ラストダンス」
ジュリア・スタイルズ結構好きなので。すごく上手!!ってわけじゃないけど・・・
でも、最後のシーンはかっこよくみせてくれますし、気に入っていただけるんじゃないかな。

「ダンシング・ヒーロー」
そこそこ古い映画なんですが、社交ダンスがテーマです。
トップダンサーが、うだつのあがらない素人の女性を鍛えて大会に出る。で、恋にもおちる
という、すごくベタな設定ではありますが、なかなか面白かったです。

「エトワール」
ドキュメンタリーなのでストーリーみたいなのがないんですが、
バレエの見方が少し変わる、綺麗な映画です。

バックダンサーズがいいと思います。

昔の青春映画「ダーティダンシング」がお勧めです。
「ゴースト」のパトリック・スウェイジとカーリーヘアーが可愛い女の子が出ています。
甘酸っぱくて、キューンとなる映画です。

あと、「シカゴ」で1.2.3.4...みたいな曲が流れるダンスシーンはかっこよくて圧巻です。
なんか、スカッ!とする感じです。

それと、ご覧になった映画とはちょっと違うダンスかもしれませんが、浮世離れな衣装とメイクがてんこもりなゲイムービーの「プリシラ」も私は大好きです。

ダンスレボリューション観ましたが、ストーリーがちょっと安っぽい感じがして、あまり面白くなかったなーという印象です。ジェシカ・アルバの魅力も生かされてなくて、せっかくジェシカが可愛いのに残念でした。。。

回答します。
シャルウィーダンスです。
参考になるといいです。


ダンス留学,ダンススクール大阪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。